むやみに動くと命取り

株式投資で利益を上げる方法には主に二種類あり、それらはそれぞれキャピタルゲインとインカムゲインなどと呼ばれています。簡単に言うと、キャピタルゲインというのは株価の変動を利用して稼ぐ方法で、インカムゲインとは利息メインで稼ぐ方法と認識しておけば意味合いとしては相違ないと思います。しかし利息や優待メインで稼ごうと思えば、非常に長期的な投資が必要になりますので、一般のトレーダーであれば短期的あるいは中期的な投資でキャピタルゲインを狙うのが普通かと思います。

そうとなれば市場の株価が変動すればするほど投機のチャンスは増すわけですが、ここで注意したいのがあまりに無鉄砲に株価が乱高下する嵐の中に突っ込んでいくと手痛い洗礼を受けるかもしれないということです。例えば株のトレードで大きな利益を上げたいと夢を掲げて投資を始めた初心者ならば、初めのうちはよくわからないけれどもネットで話題になっているマザーズの注目株あたりに投資してみようかなんて考えている方もいるかと思いますが、こういった株はそもそも取り引きされている流動株の数が少ないので、大量の軍資金を抱える上級トレーダーの大規模投資によって簡単に株価は変動してしまうのです。

つまり極端な話、ある一人の投資家によって市場はコントロールされてしまい、自分は高値で株をつかまされた挙句、その投資家が売りに回れば利益を上げられないうちに自分は塩漬け株を背負わされる可能性があるということです。こういったケース以外にも確実性の低い粗い市場で積極的に動いていれば、利益を上げられることもありますが、とんでもない負債を背負うリスクも当然高まってしまうのです。

株トレードは情報戦

みなさんは株のトレードにどのような印象をお持ちでしょうか。世間一般的には価格の暴騰・暴落に振り回されて何百万円もの大金が動くような非常にリスキーな行いというように理解している方もいるかと思います。しかし実際にはそういったケースはまれで、株式市場の動きというのは非常にロジカルで、情報に基づいた動きをしている場合がほとんどなのです。

例えば、ある企業が業績不振で予測していた利益を下方修正したとします。するとそれまで業績に期待していた多くの投資家たちは保有している株がこれ以上価値の下がらないうちに売っておこうと思い、結果として株価は下落します。

そのほかにも株式優待で人気の企業が優待内容を変更したりすると、投資家にとってはその株式を保有しているメリットが大幅に減りますから、当然株価は暴落します。あるいはその逆もしかりで、業績予想を上方修正したり、業績改善の起爆剤となるようなイベントを企業が主催したりすると投資家はそれに期待して買いが先行、結果として株価は上昇するというわけです。

株のトレーダーによっては株価をチャートの動きからのみ予測するという方もいますが、一般的には上述のような情報を自分なりに分析し、投資の仕方に反映するということが株トレードにおいて勝率を高めるうえで最も重要なファクターのうちの一つだと思います。もし情報分析が自分では難しいと感じる方がいれば、世間にはアナリストという情報分析を専門にしている職種の方もいますので、そういった方の書いた記事に目を通しておくだけでもだいぶ違うと思います。